近頃は、消費者金融だけでなく銀行など、色々な金融機関からカードローンのサービスが提供されています。消費者金融が提供するサービスの場合は、お客様との対応が銀行よりも柔軟だったり、お金がスピーディに融資されることなどメリットとして挙げられますが、総量規制による借入限度額の制限があったり、安定的した収入を得ていることが申し込むための条件になっていることが注意する必要があるポイントとなります。一方で、銀行が提供するサービスの場合は、収入を得ていない専業主婦でも申し込むころができたり、年収の金額に関係なくお金を借り入れることができたりすることがあるのがメリットですが、審査が多少厳しめだったり、年収の金額に制限を設定している場合があるということに注意する必要があるポイントとなります。それぞれの金融機関により特徴や、条件は違っているため、自分にあっているカードローンを探すことが重要になります。カードローンを利用してお金を借りるときには審査を必ず受けることになりますが、その審査で最も重視することが、信用情報や、属性と呼ばれるものになります。

カードローンを提供する金融機関は、基本的にサービスに申し込んだ人の信用情報と、属性を信用情報機関が管理しているデータベースと照合してお金を貸し出すことができるかどうかについて判断することになります。金融機関や、ローンの内容により審査の基準は違っていますが、勤続年数については、一般的に1年以上あることが望ましいとされています。少なくとも半年以上はいと審査に通ることが困難になります。カードローンを利用することを検討している方の勤続年数がまだ短い場合の一番効果的な対策として挙げられるのが、勤続年数が1年以上になるまで待つことになります。勤続年数が半年以下の状態でカードローンに申し込んでも、審査に通過できないだけでなく、信用情報に審査に落ちた事実が残ってしまい、ますますカードローンに申し込むのが難しくなってしまいます。